税理士とは

税理士とは、税金の納付に関する作業を代行する国家資格を有する専門家で、納税者の代理人です。具体的には、税金に関する相談、申告及び手続き関連の書類作成、そして申告及び手続きの代行をします。税理士国家資格を取得するためには税理士試験に合格するか、23年以上税務署に勤務するか、弁護士もしくは公認会計士資格を有するか、が必要です。

考える人相続税を専門とする税理士事務所では、相続税対策や申告実務に精通した税理士が、相続税申告額をできるだけ少なく抑えるための生前対策を考えて提案してくれます。相続税対策には、遺族間での争いが起きないようにするための分割協議書の作成と、不動産暦年贈与、不動産清算課税贈与、金銭暦年贈与、アパート建築、不動産購入、保険加入、などによる節税対策、そして納税資金の確保の3つがあります。相続税は相続開始後10か月以内に税金を納付する必要があります

納付ができない場合延納(分割払い)、延納をしても納付できなければ物納をしなければなりません。納税資金をどのように確保するか考えておくことも大切な相続対策なのです。家庭ごとに状況が違いますので、生前対策はいわばオーダーメードの業務と言えるでしょう。オーダーメードで生前相続税対策を行うことによって、最少額の相続税申告をスムーズに行うことが可能になるのです。

Pocket