相続税対策の重要性

家相続税とは、亡くなった人が保有していた財産を相続した人にかかる税金です。現在では、東京在住者の約10%が相続税課税対象者であると言われており、富裕層にのみかかる税金ではなくなってきています。

相続税は基本的に相続の発生後10か月以内に現金で一括納入する必要があり、10か月を過ぎた場合15%の追徴課税が課せられます。家や土地のみの相続で、現金の遺産がなかった場合、現金が用意できないと大変困ることになるのです。相続した家を売るにしても、時間がかかりますし希望の金額で売れるかどうか定かではありません。

実は、相続税は早めに対策をしておけば大幅な節税が可能な税金なのです。相続税対策で注意しておかなくてはならないポイントがいくつかあります。1つは亡くなる3年前までに贈与があった場合、相続税課税対象になるため、亡くなる直前の対策を税務署は認めないということ。もう1つは、相続の発生した後にできる対策はほとんどないということ。そして相続税対策をしておいた方が、遺族間の争いが発生する可能性が低くなること。

相続税対策をしておかないと、相続をした人の負担は大きくなってしまうので、早めに相続税対策をしておくべきなのですが、専門的な知識も必要であり簡単ではありません。不安がある場合は税制の専門家である税理士に相談をするのが適切です。このサイトでは、相続税対策や申告のための税理士への相談方法についてご紹介させていただきます。

Pocket