適切な税理士を探す

相続税申告を得意とする税理士はインターネットで探すことができます。「相続税対策 税理士」というキーワードで検索してみましょう。
税理士事務所が独自に開いているサイトももちろんありますし、相続相談サイト「ソレイユ総合ナビ」のような相続に関する内容を細かく説明してくれる案内サイトもあります。自分で気になることを調べることもできますし、税理士なども探せるようになっているので大変便利です。

パソコン全国の税理士を紹介するサイトもあります。税理士が全国規模で登録されていますので、希望する地域と、相続税が得意というキーワードで検索してみましょう。

依頼してみたい税理士事務所が見つかったら、次は事務所訪問です。面会を通して、担当をしてくれる人が税理士資格を取得しているかどうか、相続税申告の経験が豊富かどうか、そしてきちんとあなたの話を聞いてくれるかどうかを確認しましょう。一般的に相続税申告は知らないことばかりのストレスのたまる作業です。実際にあなたの相続税の申告を行い、そのプロセスでさまざまなコミュニケーションを取る必要のある担当税理士との相性が合うかどうかも理想的な結果を得るための重要なポイントになります。

丁寧に対応してくれるか、質問や要望に対してスピーディに対応してくれるか、気が合いそうかどうか、最後まで気持ちよくコミュニケーションが取れそうかどうかをこの面会でチェックしましょう。今後の相談のために、時間的な自由度、つまり休日や夜などでも連絡が取れるかどうかも確認しておけば、より安心です。

相続税専門税理士

税理士にもいろいろな専門分野があります。企業の税申告や、個人事業主の確定申告を専門に行う税理士事務所などの中には、個人の相続税申告の仕事はほとんど受けたことがないという税理士事務所もある可能性があります。

やはり相続税申告も経験の豊富さとそれによって培われた専門のノウハウがものをいいますので、個人相続税申告の経験が豊富な税理士を選ぶことがポイントです。税理士によって納税額が大きく変わることもあるのです。

相談税理士に依頼するのは人生で初めて、という方も多いと思いますが、どうしても事務所の規模の大きさで選んでしまいがちになります。どうしても大きな事務所の方が安心に思えてしまうのです。

しかし、大型事務所の場合実際に対応をするのは若く相続税申告の経験のあまりない税理士かもしれません。逆に事務所は小さくても、相続税申告の経験豊富なベテラン税理士が対応してくれる場合もあります。事務所の大小よりも先に、その事務所の「相続税申告の実績数」を確認するようにしましょう。全部の案件の申告数ではなく、あくまで相続税の申告数を確認することが大切です。相続税申告の仕事を月に10件以上受けている税理士事務所ならば、相続税申告の専門家と考えて間違いはないでしょう。

税理士とは

税理士とは、税金の納付に関する作業を代行する国家資格を有する専門家で、納税者の代理人です。具体的には、税金に関する相談、申告及び手続き関連の書類作成、そして申告及び手続きの代行をします。税理士国家資格を取得するためには税理士試験に合格するか、23年以上税務署に勤務するか、弁護士もしくは公認会計士資格を有するか、が必要です。

考える人相続税を専門とする税理士事務所では、相続税対策や申告実務に精通した税理士が、相続税申告額をできるだけ少なく抑えるための生前対策を考えて提案してくれます。相続税対策には、遺族間での争いが起きないようにするための分割協議書の作成と、不動産暦年贈与、不動産清算課税贈与、金銭暦年贈与、アパート建築、不動産購入、保険加入、などによる節税対策、そして納税資金の確保の3つがあります。相続税は相続開始後10か月以内に税金を納付する必要があります

納付ができない場合延納(分割払い)、延納をしても納付できなければ物納をしなければなりません。納税資金をどのように確保するか考えておくことも大切な相続対策なのです。家庭ごとに状況が違いますので、生前対策はいわばオーダーメードの業務と言えるでしょう。オーダーメードで生前相続税対策を行うことによって、最少額の相続税申告をスムーズに行うことが可能になるのです。

相続税対策の重要性

家相続税とは、亡くなった人が保有していた財産を相続した人にかかる税金です。現在では、東京在住者の約10%が相続税課税対象者であると言われており、富裕層にのみかかる税金ではなくなってきています。

相続税は基本的に相続の発生後10か月以内に現金で一括納入する必要があり、10か月を過ぎた場合15%の追徴課税が課せられます。家や土地のみの相続で、現金の遺産がなかった場合、現金が用意できないと大変困ることになるのです。相続した家を売るにしても、時間がかかりますし希望の金額で売れるかどうか定かではありません。

実は、相続税は早めに対策をしておけば大幅な節税が可能な税金なのです。相続税対策で注意しておかなくてはならないポイントがいくつかあります。1つは亡くなる3年前までに贈与があった場合、相続税課税対象になるため、亡くなる直前の対策を税務署は認めないということ。もう1つは、相続の発生した後にできる対策はほとんどないということ。そして相続税対策をしておいた方が、遺族間の争いが発生する可能性が低くなること。

相続税対策をしておかないと、相続をした人の負担は大きくなってしまうので、早めに相続税対策をしておくべきなのですが、専門的な知識も必要であり簡単ではありません。不安がある場合は税制の専門家である税理士に相談をするのが適切です。このサイトでは、相続税対策や申告のための税理士への相談方法についてご紹介させていただきます。